看護師の就労時間への悩みを解決

医療職だって残業なしで帰りたい!

TOPICS

目指せ残業なしの生活!医療職は残業が多い仕事です。テレビドラマなどで定時で仕事を終えアフターファイブを楽しんでいる姿を見ると、なぜ自分達の仕事はこんなに忙しいのかとがっかりします。医療職でも残業せずに働ける方法や職場があるので、残業のない生活を目指しましょう!なお、当サイトへのお問合せはこちらからお願いいたします。

目指せ残業なしの生活!
命を支える看護師

命を支える看護師

残業が多く就労時間に不満を持つ看護師が多くいます。看護師の仕事はとてもハードで、就労時間に対し1人が持つ仕事量が多く、月何十時間も残業する場合があります。病院や医療機関では看護師の負担を軽くするため、看護師の配置基準を「7:1」にするようにしていますが、看護師不足のためきちんとした環境を作ることができないところがたくさんあります。残業が多い職場環境はどうすれば改善できるのか、また改善できない場合どのような転職活動をすれば良いのでしょう。

人手不足による負担が多い

看護師は女性が憧れる仕事のひとつですが、仕事内容は体力が必要でとてもハードです。入院施設がある病院の看護師は勤務体制も日勤と夜勤がある2交代や3交代のシフト制で、シフトも一定ではないため生活のリズムが崩れ体を壊したり、女性はホルモンのバランスを崩し婦人科系の病気になる場合もあります。そのため看護師を辞める人も多く、常に人手不足に悩まされています。また、人手不足のため残業があたりまえの風潮があり、月に何十時間もの残業になることもあります。

配置基準「7:1」で負担軽減

病棟で勤めている看護師が働きやすい快適環境は配置基準「7:1」と言われています。これは入院患者さん7人に対し看護師1人が看護にあたるため、余裕をもって看護することができ、体力的にも精神的にも負担が軽くなります。仕事の負担が減るので残業もなくプライベートが充実し、家庭や子育てとの両立もしやすく長く勤めることができます。多くの病院が看護師の配置基準「7:1」を目指していますが、看護師不足のためきちんとした環境にできないところも多いです。

手厚いフォローの「看護のお仕事」

転職を考えている看護師さんに、全国12万件を超える求人情報がある転職サイト「看護のお仕事」へ登録をお勧めします。「看護のお仕事」は全国各地に自社で経営している支社を持ち、各エリアの病院やクリニックなど医療関係と密接に繋がり、非公開の高待遇求人案件が多くあります。また、コンサルタントが自分の求めている条件の求人や面接時の対応などをバックアップしてくれるので、あなたの転職を成功に導いてくれます。また、「看護のお仕事」で転職が決まった場合、最大12万円の転職お祝い金がもらえます。

こちらも読まれています

高齢者をサポートする介護士 派遣で私生活とのバランスを保つ
派遣で私生活とのバランスを保つ

シフト制で働く看護師や介護士は残業が多く、そのほとんどがサービス残業です。派遣は自分の希望の勤務体制で働けるので、プライベートを充実させることができます。また、残業がある時はきちんと残業代が支払われます。

命を支える看護師 配置基準「7:1」で負担軽減
配置基準「7:1」で負担軽減

病棟で働く看護師の配置基準「7:1」は、看護師が余裕を持って仕事ができる快適環境です。正しい配置基準「7:1」の体制をとっている病院は、仕事の負担が少なく残業もありません。