就労時間外の残業が多いのはなぜか

医療職だって残業なしで帰りたい!

TOPICS

目指せ残業なしの生活!医療職は残業が多い仕事です。テレビドラマなどで定時で仕事を終えアフターファイブを楽しんでいる姿を見ると、なぜ自分達の仕事はこんなに忙しいのかとがっかりします。医療職でも残業せずに働ける方法や職場があるので、残業のない生活を目指しましょう!なお、当サイトへのお問合せはこちらからお願いいたします。

目指せ残業なしの生活!
残業はなぜ発生するのか

残業はなぜ発生するのか

誰でもできるだけ早く帰りたいと思っているはずなのに、残業はなぜこんなにも発生してしまうのでしょうか。いろいろな方の残業理由や、自分の仕事の負担を軽くするために効率よく仕事を処理する方法、自分の持っている仕事を人に任せ相手の成長を促す方法をご紹介します。みなさんも自分に合った対処法を習得し、プライベートを思いっきり楽しんでくださいね。

現代女性は働き過ぎ?

残業が多いなど働く女性の6割が就労時間について不満を持っています。残業が多い理由には「最初の募集要項と違い仕事量が多い」「同僚の分も仕事をしている」「会社や上司に、残業をしていないと仕事をしていないと思われる」などの理由があります。他にも「仕事量が多いのに会社が残業を認めてくれない」など、就労時間と仕事量のバランスに不満を持つ人が多くいます。就労時間内に仕事を終え、毎日を充実して過ごすにはどうすればよいでしょう。

仕事を任せることも大切

この仕事は自分にしかできない、人に仕事を教えるのが面倒だと思い込み、すべて自分でやっていませんか?仕事を多く抱え毎日イライラするよりも、他の人に仕事を任せてみましょう。教えるのに手間がかかり、少し回り道になるかも知れませんが、仕事を任せると相手も自信がつき成長します。また人に教えることで自分も違う視野が持てるようになります。チーム全体が成長すると仕事の効率が上がり、残業がなくなります。では、他人に仕事を任せるにはどうすればよいのでしょう。

こちらも読まれています

高齢者をサポートする介護士 派遣で私生活とのバランスを保つ
派遣で私生活とのバランスを保つ

シフト制で働く看護師や介護士は残業が多く、そのほとんどがサービス残業です。派遣は自分の希望の勤務体制で働けるので、プライベートを充実させることができます。また、残業がある時はきちんと残業代が支払われます。

命を支える看護師 配置基準「7:1」で負担軽減
配置基準「7:1」で負担軽減

病棟で働く看護師の配置基準「7:1」は、看護師が余裕を持って仕事ができる快適環境です。正しい配置基準「7:1」の体制をとっている病院は、仕事の負担が少なく残業もありません。