人に任せることで就労時間内に仕事を終え残業を減らす

医療職だって残業なしで帰りたい!

TOPICS

目指せ残業なしの生活!医療職は残業が多い仕事です。テレビドラマなどで定時で仕事を終えアフターファイブを楽しんでいる姿を見ると、なぜ自分達の仕事はこんなに忙しいのかとがっかりします。医療職でも残業せずに働ける方法や職場があるので、残業のない生活を目指しましょう!なお、当サイトへのお問合せはこちらからお願いいたします。

目指せ残業なしの生活!

仕事を任せることも大切

仕事を任せることも大切

自分ですべてやっていませんか?

新人や後輩に仕事を教えると言うことはとても根気がいります。人に仕事内容や手順を教えるくらいなら、自分がやった方が早いと思っていませんか?また、自分にしかできない、やらなきゃいけないと思い込んでいませんか?そんな日常で残業が続き、疲労がたまり常にイライラしてしまうことがあります。職歴を重ねるにつれ仕事の幅が広がり責任や負荷が多くなり、すべて自分でやるのにも限度があります。自分にしかできない、自分でした方が早いと思わず、他人に仕事を任せてみましょう。

他人に仕事を任せてみる

仕事の量が多すぎて誰かに手伝ってもらいたいけど、説明が面倒でつい自分でやってしまいますが、周りを見渡せば仕事を任せられる信頼する人がいるはずです。自分の抱えている仕事の一部をその人に任せてみましょう。その人がきちんと仕事を処理することができたら、仕事の効率が良くなり倍の速度で処理できるだけでなく、任せた相手の成長にもつながります。
仕事を任せるときには、何を任せれば良いのか熟考する必要があります。単純で手間のかかる仕事だけ任せても、雑用を任されたと思いやる気がなくなる場合があります。相手にとって少し難しい位の仕事を任せ、ワクワク感や向上心を持たせましょう。新しく任された仕事に対し自分で考え、決めることができたら、任された本人も成長したと手応えを感じ頑張れるはずです。

見守ることで安心感を与える

仕事を任せるときには丸投げせず、しっかり内容を説明し目指す方向を話し合っておきましょう。スタートとゴールを決めておき、道筋は相手にすべて任せるようにします。ただし、進歩状況はメールの確認や電話で話している内容を小耳にはさんで把握しておきます。つい口を出してしまいそうになると思いますが、そこはぐっと我慢し相手が意見を求めてきたときに少しだけアドバイスしてみましょう。多少の失敗はしかたありません。もし失敗しても、責任を押しつけず一緒に相手に対し謝り、なぜ上手くいかなかったか原因を探せばよいのです。一度任せたからには、任せた相手を孤立させず、見ていてくれているという安心感を与えることによって、任された本人は伸び伸びと仕事に向き合うことができるのです。成功したときには、良かったポイントを具体的に挙げて思い切り褒めることも大事です。

任せることの大事さ

自分の負担を軽くするために仕事を任せるのは、逆に負担がかかり回り道に感じることがあります。しかし、そのことによって任された相手は成長し、自信へ繋がっていきます。チーム全体の処理スピードも上がりますが、実は指導した本人も仕事に対し理解が深まり、新しい視点から見る能力が身に付き成長できるというメリットもあります。仕事量が減り残業が無くなると、時間に余裕もできるので新しいことに挑戦することもできます。
毎日が忙しい医療職の人は、後輩を育てたり仕事を任せる時間を作ることはとても難しいので、上手に仕事を任せられる方法を書いた本をご紹介しましょう。
まずは「新人ナース育成ハンドブック」です。新人ナースの早期退職の背景と臨床で求められる能力を教育する工夫や取り組みがまとめられています。看護管理職をしている人にとって必携の新人ナース育成ハンドブックです。

新人ナース育成ハンドブックを見る

新人ナース育成ハンドブック

次に「一流の介護職員が育つ奇跡の人材育成法を見る」です。介護サービスの質向上やプロ意識を高め思いやりの心を磨くなどスキルアップに最適な本です。職員個々のレベルに応じて実践でき、一流の介護職員が育つ奇跡の人材育成法が紹介されています。

一流の介護職員が育つ奇跡の人材育成法を見る

一流の介護職員が育つ奇跡の人材育成法

残業はなぜ発生するのか

こちらも読まれています

高齢者をサポートする介護士 派遣で私生活とのバランスを保つ
派遣で私生活とのバランスを保つ

シフト制で働く看護師や介護士は残業が多く、そのほとんどがサービス残業です。派遣は自分の希望の勤務体制で働けるので、プライベートを充実させることができます。また、残業がある時はきちんと残業代が支払われます。

命を支える看護師 配置基準「7:1」で負担軽減
配置基準「7:1」で負担軽減

病棟で働く看護師の配置基準「7:1」は、看護師が余裕を持って仕事ができる快適環境です。正しい配置基準「7:1」の体制をとっている病院は、仕事の負担が少なく残業もありません。